「PIVOTでGO」のバージョンアップを実施しました(V1.50)

市販のPIVOTインジケータのサポート、レジスタンスライン到達時にエントリーする 「PIVOTでGO」を使ったPIVOTトレードのイメージとしては下記になります。 欧米のファンドなどは、PIVOTを多用している為、 PIVOTのサポート・レ…

カスタムPIVOTインジケータのサポート、レジスタンスライン到達時にエントリーするツール。

カスタムPIVOTインジケータ(*)のサポート、レジスタンスライン到達時に、 為替がどちらか一方に大きく振れるので、この特徴を利用して、 到達時にOCO注文を発注しておき、 どちらか約定した方のポジションを使って利益を取ることを目的としたト…

「雇用統計でGO」インジケーター(無料)

◎インジケーター概要 MT4のチャート上に経済指標を反映させるインジケーターです。 経済指標イベントを「見える化」させることで、経済指標トレードがやりやすくなります。 「雇用統計でGO」ストラテジーと一緒に使うと、より効果的です。 &nbs…

2016年、5000pipsの利益を叩き出したポートフォリオ

これまで、私が開発したストラテジーの中で、 チャンスが到来した時のみエントリーして、リスクは限定的で大損失を出さず、 利益は大きく取る(=損小利大) と考えているストラテジーは下記になります。 ・CycleTrapAsianBreak_GB…

「ボックスブレイクアウト発注くん」の成功事例その2

前回、 設定した時間帯のボックスをブレイクアウトした、かつ、 MACD、ADXというテクニカルを使ってトレンドが発生した タイミングでエントリーする自動売買ツールである 「ボックスブレイクアウト発注くんの成功事例」という記事を紹介させて頂き…

今回の11/8の米国大統領選挙後にグリッドトレードを開始させる戦略

過去5回の米国大統領選挙の後は、80%の確率で円安ドル高になっているということです。 この統計結果を信じるとすれば、今回の11/8の米国大統領選挙後をトリガーにして、 グリッドトレードを円安ドル高方向に設定して開始させるのはありだと思います…

CycleGridNanpinScalの半年経過状況

CycleGridNanpinScalは今年始めにリリースした グリッドトレード&ナンピン&スキャルピングの機能を融合したEAです。 今後、EURUSDはゼロパリティ(1.00)を目指すという前提で、本ストラテジーのパラメータを設定していま…

Amazon EC2を使ったMT4環境構築のススメ

Amazon EC2とは、Amazon社が提供しているクラウド(≒VPS)になります。   実際、私自身は、下記のとおり、Amazon EC2上にMT4環境を構築して運用しています。   VPSよりメリットがあると思う点…

CycleMarketOrder2_XAUUSDエディション

CycleMarketOrder2(テクニカルを使用したトラリピもどきEA)を改良してXAUUSDエディションを作成しました。 ●本EAの特徴 1,AxioryブローカーにおけるXAUUSDにおけるトラリピもどき(指値、逆指値でなく成行) …

原油40$割れでリスクオフ入りっぽい

原油が200日移動平均線をぶち抜いてきました。 年初の30$から50$まで駆け上がってきた原油ですが、ここにきて、ヘッジファンドは再度、ショートにポジションを傾けてきたっぽいです。 アノマリー的にも、例年、8,9、10月は、リスクオフになり…