「YumokinVOL」ストラテジーのトレード振り返り、2020年5月に入ってポンド円相場にトレンド発生中( ・ㅂ・)و ̑̑

ポンド円専用の損小利大「YumokinVOL」ストラテジー(2019エディション)をリリース

させて頂いておりますが、本日までのトレードを振り返ってみたいと思います。

  • 昨年の秋頃、ポンド円相場にトレンドが発生した為、1回のトレードで600pis程、利益確定することができました(下記①)。
  • その後、相場のトレンドが発生せず、しばらく、停滞が続いていました(下記②)。
  • 2020年5月現在、再度、ポンド円相場にトレンドが発生しており、本ストラテジーも調子が上向きです(下記③)。

現在、デフォルトの0.1ロット運用で、トータル利益20万円間近となっております( ・ㅂ・)و ̑̑

●エントリーは「MACD」テクニカルを利用

詳しいエントリー仕様は、企業秘密なので言えません(笑)が、

ざっくりと言えば、

・MACD値がプラスであれば、買い圧力が強い

・MACD値がマイナスであれば、売り圧力が強い

というのが下図から分かると思います。

本ストラテジーは、この特性を活かして、

トレンド発生時に、順張りで、成行エントリーする仕様となっています。

●最大1ポジ仕様、最大ロスカット100pips

最大1ポジ仕様、最大ロスカット100pipsですので、資金管理しやすく、

安全にトレードできる仕様になっています。

●ドテン機能

YumokinVOLストラテジーの強力な機能として、ドテン機能があります。

ドテン機能とは、一旦、ある方向にポジションを取ったが、その後、

相場が逆方向に行った場合、該当ポジションを閉じて、

今度は、逆方向に、ロット数をN倍にしてポジションを取り直す機能のことです。

●ポートフォリオを組むと効果的

なお、「YumokinVOL」ストラテジーには、

「YumokinVOL2019」、「YumokinVOL_ExitATR」、「YumokinVOL_DayTrade」と

複数のエディションが存在しており、それぞれの特徴は以下のとおりになります。

上記の各エディションについては、

エントリー・エグジットのタイミングを、それぞれ変えてロジックを組んでいる為、

取引結果も全く違うものになります。

参考までに、3つのエディションをポートフォリオとして組んで、

バックテスト(2005-2019)を実施すると、

プロフィットファクター:1.68

ドローダウン:4.92%

の成績となります。

青:ポートフォリオ

紫:「2019」エディション

緑:「ExitATR」エディション

赤:「DayTrade」エディション

次に、年単位のパフォーマンスです。全ての年において、プラスで推移しています。

また、「YumokinVOL」ストラテジーは、ボラティリティが高まった時に、強さを発揮する損小利大ストラテジーです。

リーマンショックのあった2007年には、9750$の利益を叩き出しています。

上記の各エディションを小ロットずつ、ポートフォリオとして組んで分散運用するのが効果的です。 

「YumokinVOL」ストラテジーは、

・ポンド円をメインにトレードされているFXユーザの方

・ドル円、ユロドルのトレードのリスクヘッジとしてポンド円を考えているFXユーザの方

のトレードライフをサポート致します。

MACDを利用した損小利大ストラテジー。最大1ポジ仕様。ドテン機能。週末手仕舞い。

YumokinVOL2019、YumokinVOL_ExitATR、YumokinVOL_DayTradeの3点パッケージ

※この線より上が全体への公開です

この注意文を削除すると、全て全体への公開となりますのでご注意ください。
また、画像は外部からドラッグアンドドロップで貼り付けることもできます。

※この線より下が購入者への公開部分です

(購入者への公開はこの部分を書き換えてください)

Translate »