no-image

「YumokinVOL2019」のトレード回数を増やした場合の検証

「YumokinVOL2019」EAにつきましては、トレードタイプがスウィング、

かつ、ボラティリティーを使って、トレードチャンスが来た時のみエントリーする設計にしている為、

トレード回数が月数回で、物足りなく感じるトレーダーの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、内部パラメータを一部公開して、トレード回数を増やせるようにしてあります。

具体的には、

squeezePipsパラメータ(デフォルト30、最大100)の値を大きくすることでトレード回数を増やすことができます。

squeezePipsパラメータの概要としましては、

ボラティリティーを測って、エントリーフィルタしています。 大きくすれば、フィルタが緩むという意味になります。

squeezePipsパラメータがデフォルトの場合と、最大の場合のバックテスト結果を比較してみましょう。 

1、squeezePipsパラメータ(デフォルト30)に設定した場合

トレード回数:874回

プロフィットファクター:1.77

最大ドローダウン:6.74%

月平均利益:146.12ドル

 

2、squeezePipsパラメータ(最大100)に設定した場合

トレード回数:1144回

プロフィットファクター:1.59

最大ドローダウン:6.99%

月平均利益:154.52ドル 

トレード回数が874→1144回へ増えた一方、

プロフィットファクターが1.77→1.59へ減少します。

最大ドローダウン、月平均利益は、それほど変わりません。

ただ、どちらの設定にしても、

年間、数百ドル〜数千ドルのリターンが見込める長期運用可能な設計となっています。

上記の違いを理解した上、後者がお好みの方は設定変更して運用して下さい。

通貨出来高が急増したタイミングを狙ってMACDエントリーする損小利大なポンド円専用EA。トレンドが出た場合、爆発的な利益を提供します。キャンドルストップ機能。マイルド複利機能。

Translate »