GMTオフセット

ブローカーのサーバータイムがGMT(グリニッジ標準時間)に対して、

どれだけ、ずれているかというのがGMTオフセットとなる。

例えば、

ブローカーのサーバタイムが14:00、グリニッジ標準時間が12:00の場合、

前者は後者より2時間進んでいるので、

GMTオフセットは+2となる。

なお、プログラムで時間を取得する場合、

TimeLocal()という関数でPCのローカルタイムを取得できる。

しかし、バックテストした場合、
ローカルタイムでなく、サーバタイムを取得してしまうので、

本番とテストでロジックを分ける必要がある。

売上げランキング
スポンサーリンク

フォローする