EAのファンダメンタルズ運用のススメ

スポンサーリンク

自分が開発しているEAのテクニカルロジック・バックテスト・フォワードテストに関しては、

基本的に「両建て」がデフォルトになっておりますが、

実際にEAを使って自動売買する場合においては、

ファンダメンタルズを考慮した方がドローダウンのリスクを減らせるはずです。

例えば、2015/01/14現在であれば、下記ファンダメンタルズは明白かと思います。

・USDJPYは買い

米ドルは今後、利上げで強く、円は、アベノミクス日銀金融緩和で、弱い。

・EURUSDは売り

米ドルは今後、利上げで強く、ユーロはマイナス金利導入で、弱い。

よって、上記の様に、ファンダメンタルズが明白になっている通貨ペアに対して、

EAを適用して自動売買をするならば、

ファンダメンタルズ側だけのポジションを取れば良いのであり、

無理に、「両建て」モードによって、

ファンダメンタルズと反対側のポジションを取ってしまうのは、

ドローダウンを喰らうリスクを高める行為と言えます。

そこで、現在、開発中の次期EAについては、

その時々の局面に応じて、ファンダメンタルズ設定をして運用できる様、

下記のようなFUNDAパラメータを実装していく予定です。

「両建て」:0(デフォルト)

「買い」のみポジションを取る:1

「売り」のみポジションを取る:-1

スポンサーリンク

コメントを残す