順張り(GBPJPY)と逆張り(GBPUSD)を組み合わせたスキャルピングEAを開発中

ポンドという通貨はボラティリティが高い通貨として有名ですが、順張り(GBPJPY)と逆張り(GBPUSD)にポジションを取るロジックを組み合わせて運用し、トータルでプラスを目指すスキャルピングEAを開発中です。Alpari JAPANで、スプレット10pip固定で実施したバックテストは以下な感じです。

◎バックテスト(GBPJPY、2010/04-2014/03)

◎バックテスト(GBPUSD、2010/04-2014/03)

売上げランキング
スポンサーリンク

フォローする