「英国、6月8日総選挙へ」ニュースに反応したCycleTrapVolatility_GBPJPY

スポンサーリンク

先日、EU離脱を国民に対して再確認する為、英国のメイ首相が6月8日総選挙実施を発表し、そのニュース発表のタイミングで、ポンド円も激しく動きました。

そのタイミングで、

下記のCycleTrapVolatility_GBPJPYは反応してポジションを取って大きな利益を確定しました。

*直近10回のトレード結果:8勝2敗で絶好調^^

相場のボラティリティー(価格が大きく動いた時)にエントリーする設計なので、

エントリー回数は多くはありませんが、

昨年の7月ぐらいから運用開始しておりますが、右肩上がりです。

上記EAに関しては、損小利大な設計にしてある為、

レンジ相場の場合は勝ったり負けたりですが、

やはり、トレンドが出ると大きく利益を取ってくれます。

また、過去12年分のバックテスト検証済みですので、

長期運用すれば負けにくいと考えています。

ボラティリティ発生時にエントリー。過去12年分のバックテスト検証済み。
CycleTrapVolatility_GBPJPY

スポンサーリンク

コメントを残す