グリッドトレード+トレンドナンピン+スキャルピングを融合させたストラテジー

グリッドトレード+トレンドナンピン+スキャルピングを融合させたストラテジーをリリース予定です。

現在、ゴゴジャンに申請中ですので、2月中旬にはリリースされるかと思います。

今回のストラテジーは、これまで自分がリリースしてきたストラテジーの中でも、結構な自信作になります^^。

名称は、「CycleGridNanpinScal」と付けました。

名前のとおり、グリッドトレードと、トレンドを使ったナンピンと、10pips程度の利益を狙うスキャルピングを融合したストラテジーになります。

トレード可能な通貨ペアは問いません(EURUSDデフォルト。但し、スプレッドの狭い通貨に限ります)。

相場の方向性(ファンダメンタルズ)を、読み間違えなければ、

負けにくいストラテジーとして開発しました。

発注イメージは下記になります。

◎発注イメージ(EURUSD、「売り」をファンダメンタルズ、「買い」をヘッジ、50pips間隔のトレンドナンピン)

まず、テクニカルを使って、ファンダメンタルズ側、ヘッジ側とも、トレンドが発生したタイミングで、ファースト・ポジションをエントリーします(基本ロットは、ファンダメンタルズ側が0.1、ヘッジ側が0.05)。これは、通常のスキャルピングストラテジーと変わりません。

次に、相場が進行していく中で、ファンダメンタルズ側に建てたファースト・ポジションとは逆の方向に相場がなってしまった場合、セカンド・ポジション、サード・ポジション、・・・と、一定間隔pips離した間隔で、ナンピンポジションを建てていきます(基本ロットは0.1、最大ナンピンポジションは4デフォルト)。

但し、通常のナンピンと違って、逆行しても、すぐにはナンピンせず、

逆行した後、しばらく経ってから、再度、ファンダメンタルズ側のトレンドが発生して初めて、ナンピンポジションを建ててていく改善を施してあります。

*ヘッジ側については、ナンピンしません。

テイクプロフィットについては、

それぞれのポジション(ナンピンポジションも含む)について、

10pips程度の利益を狙うスキャルピングのトレードを実行します。

但し、スマートなトレーリングストップを実装していますので、

トレンドに乗れれば、さらなる利益を伸ばす設計にしてあります。

ロスカットについては、

・ファンダメンタルズ側は、ロスカット設定しない(設定することも可能)

・ヘッジ側は、最大ロスカットpips設定する(デフォルト30pips)

です(ファンダメンタルズ側にロスカット設定しないのは、グリッドトレードの特徴)。

但し、ストラテジーの方で、スマートなロスカットを実施する場合があります

(トレンド発生を察知してエントリーしたが、想定した相場がフェイクであると内部ロジックが判断した場合、数pipsのロスカットで撤退)。

設定パラメータの概要としては、下記を設定します。

1、該当通貨の価格帯(例えば、今のEURUSDで言えば、1.05〜1.15)。

2、該当通貨のファンダメンタルズ、ヘッジ(例えば、今のEURUSDで言えば、ファンダメンタルズは「売り」、ヘッジは「買い」)。

バックテストは下記になります。

◎バックテスト(EURUSD、2015/01-2015/12、「売り」をファンダメンタルズ、「買い」をヘッジ、1.15-1.05ドル、50pips間隔のトレンドナンピン)

相場状況に応じて、パラメータを変えるストラテジーの為、直近1年分ぐらいのヒストリカルデータを使って、バックテスト最適化を繰り返して運用していくのが重要、かつ、利益が出やすいかと思います。

また、始値でエントリーを判断しているので、始値を使ったバックテスト最適化で問題ありません。

なお、内部ロジックで一部、重い処理がある為、全TICKを使ってバックテスト実施しようとすると、かなりの時間がかかってしまう点に、注意して下さい。

複数通貨で運用した方がドローダウンのリスク分散にもなる為、単一通貨で運用するよりオススメです。

売上げランキング
スポンサーリンク

フォローする