「雇用統計でGO」ストラテジー

スポンサーリンク

◎開発コンセプト

雇用統計、政策金利などマーケットイベントの場合、為替がどちらか一方に大きく振れるので、この特徴を利用して、直前にOCO注文を発注しておき、どちらか約定した方のポジションを使って利益を取ることを目的としたトレードツールです。
また、ブレイクイーブンストップを使って利益を伸ばします。

◎機能仕様
1、ブレイクイーブンストップ機能

◎発注イメージ
雇用で統計でGO動画

◎デモ版を下記サイトよりダウンロードできます。
FX自動売買ちゃんねる

◎2013/12/6の雇用統計時、円安に振れたので、「買い」のOCO注文が成立した時のエビデンス
https://www.evernote.com/shard/s108/sh/f41cb814-2b14-41a9-a6e8-db0b6ea286c1/4c3305e054dd3a20c772e5c697cc4dc6/deep/0/46.51.249.21.png

◎2013/12/6の雇用統計発表から週明け24時間後、トレーリング機能によってストップロスが切り上がっている時のエビデンス。
https://www.evernote.com/shard/s108/sh/1f3f4c02-84ad-4d76-b346-00ec7053fde0/fd12588a74a33bcecdbbe55f0bc33018/deep/0/46.51.249.21.png

◎パラメータ説明
・magic:マジックナンバー
・lots:ロット数
・maxCnt:最大ポジション数
・profitPips:利益pips
・losscutPips:最大損失pips
・BreakEven:ブレイクイーブンpips
・TrailingStop:トレーリングストップpips
・trapIntervalPips:OCO間隔pips
・ocoCancel:OCO注文の片方注文が約定したら片方注文キャンセル(デフォルト:しない)。
・refreshMode:自動更新間隔でEAが動作する様にします。(デフォルト:しない)
※自動更新モードでEAを起動した場合は、下記の手順でEAを停止する様にして下さい。
⑴ EA停止ボタンを押す。
⑵ 自動更新モードの設定パラメータを0に再設定しなおす。
⑶ EAを起動する。
⑷ EA停止ボタンを押す。
・sleepTime:自動更新間隔秒
・OpenDateTime:指定した時間になると、OCO注文を発注します。
製品版は「秒」まで指定可能。無料体験版は「分」まで指定可能。
・CloseDateTime:指定した時間になると、建てているポジション、かつ、オーダーをクローズします。

スポンサーリンク

コメントを残す