XMのZERO口座口座(ECN)、Axioryのナノ口座(ECN)のコスト比較

スポンサーリンク

スキャルピングEAであるPro Scalpを稼働させる場合、

条件として、

It will also work on other pairs, but it requires a low spread (<= 1 pip).

つまり、1pips以下の環境で動作させる必要があります。

よって、通常の口座ではなく、スプレッドが極狭のECN口座において運用させる必要があります。

下記に、XMのZERO口座(ECN)、Axioryのナノ口座(ECN)のコスト比較をしてみました。

◎1USD=100円として計算した場合での口座別取引コスト比較

1、ZERO口座(ECN)でUSD/JPYを1000万通貨往復取引して、年間10,000pipsの利益を出した場合

●平均スプレッド0.5pips + 手数料往復100円 = 105.0円

・年間利益:1,000,000円

・年間コスト:100,000円

2、ナノ口座(ECN)でUSD/JPYを1000万通貨往復取引して、年間10,000pipsの利益を出した場合

●平均スプレッド0.5pips + 手数料往復60円 = 65.0円

・年間利益:1,000,000円

・年間コスト:60,000円

長期的には、Axioryのナノ口座の方がリーズナブルと言えそうです。

・業界最狭水準のスプレッドと、正確で公平なトレード市場を提供するFXブローカー

スポンサーリンク

コメントを残す