Amazon EC2上にMT4環境の構築する方法(現在1年間無料)

1、Amazon EC2にログインし、「EC2」をクリックする。

2、「Launch Instance」をクリックする。

3、「Community AMIs」をクリックする。

「Windows_Server-2012-R2_RTM-Japanese-64Bit-Base」で日本語対応のAMIを検索する。

「Select」をクリックする。

4、「マイクロインスタンス」にチェックを入れ、次へ。

5、「Protect」にチェックを入れ、「次へ」。

6、以下の画面については、そのまま「次へ」。

7、「Create a new key pair」を選択し、「key pair name」に名前を入れ、「Download Key Pair」をクリックして、キーをダウンロードする。

その後、「次へ」。

8、インスタンス作成、成功!!!

「View Instances」をクリックする。

9、該当のインスタンスの上で右クリックした後、

「Get Windows Password」をクリックする。

10、先程、ダウンロードしたキーを選択して、「Decrypt Password」をクリックする。

11、「接続先IP」、「ID」、「パスワード」をメモする。

12、Microsoft Remote Desktopなどのリモートデスクトップ接続ツールを使ってログインする。

なお、私の場合、下記の理由でAmazon EC2でMT4を運用しています。

①スナップショット機能で簡単にバックアップ、復元できる。

例えば、下記の様に、現在、運用しているMT4(EA)の数に応じて、

インスタンス構成変更を臨機応変に、かつ、簡単に、変更できる。

・microインスタンスの場合、メモリ1G、現在、一年間無料。

・smallインスタンスの場合、メモリ2G、月5000円ぐらい。

・mediumインスタンスの場合、メモリ4G、月10000円ぐらい。

②同インスタンスを複製して海外に設置できる。

例えば、海外にサーバのあるMT4業者に接続する場合、

EC2インスタンスを海外拠点(米国、欧州、シンガポールなど)に

簡単に複製して配置できるので、

スリッページの原因となるレイテンシーの削減などに効果的。

売上げランキング
スポンサーリンク

フォローする