「ボックスブレイクアウト発注くん」を用いてゴールド(XAUUSD)のバックテスト

「ボックスブレイクアウト発注くん」ストラテジーを用いて、

ゴールド(XAUUSD)のバックテストを実施してみました。

ヒストリカルデータはFXDDのデータを使ったのですが、

歯抜けのデータがあるみたいで、うまく、バックテストできた期間の結果を下記に示します。

・XAUUSD

◎201110-201209(FUNDA=0の場合)

◎201308-201407(FUNDA=0の場合)

うまく、カスタマイズすれば、ゴールド(XAUUSD)でも使えそうですね^^。

OsMA、ADXを使用したボックスブレイクアウトの発注サポートツール。決済はブレイクイーブンストップ
ボックスブレイクアウト発注くん

売上げランキング
スポンサーリンク

フォローする