トレンド(OsMA、ADXによって判定)が発生した時のみエントリーする「CycleMarketOrder2」

スポンサーリンク

レンジ相場におけるトラップトレードにおいては、

含み損を抱えてしまうというリスクがあるかと思いますが、

今回、バージョンアップした「CycleMarketOrder2(V2.4)」においては、

トレンド(OsMA、ADXによって判定)が発生した時のみエントリーする為、

含み損のリスクを極力、減らせる様に改善されています。

具体的には、下記のトレンド発生条件を満たした時のみエントリーする様にします。

◎トレンド発生条件

・OsMAの強さによって、エントリーをフィルタリングします。

・ADXの傾き(ADX上限〜下限の間で右肩上がりの場合)によって、エントリーをフィルタリングします。

また、今回のバージョンアップによって追加されたパラメータは下記になります(カスタマイズ可能)。

・MACDBound:OsMAの閾値(MACDBound値に1Pipsを掛けた値がOsMAの閾値に相当。デフォルト2、例えば、USDJPYならばOsMAの閾値0.02となる。)
・periodADX:ADX期間(デフォルト14)
・upperADX:ADX上限(デフォルト60)
・underADX:ADX下限(デフォルト20)

現在、USDJPYに関しては、誰が見ても円安傾向は確定で、

さらに、先日の黒田発言によって、今の所、120円〜125円のレンジ相場であると思われる為、

本EAを、この局面で使うのは効果的かと思います。

なお、これまでのフォワードテスト(OsMAを使ってのみ判定)は下記になります。

トレンド(OsMA、ADXによって判定)が発生した時のみエントリーするトラップトレード。
CycleMarketOrder2

スポンサーリンク

コメントを残す