当分の間、ユロドル(ヤクザ通貨)手出し無用

スポンサーリンク

・EURUSD

意地でも1.12割れさせたくないのが分かるwww。

6月中はロングだな。

・・・と思っていたら、翌日、メルケル首相が

「強すぎるユーロはスペインやアイルランドの改革を困難にする」と述べ、

ユロドルは1.12割れorz。

最近のユロドルは、

①6月中間決算のヘッジファンドのショートポジション巻き戻しによるユロ高

*シカゴIMM通貨先物ポジションによれば、

2015/6/2時点でショートポジションがタンマリ積み上がっている。

6月が中間決算のヘッジファンドは反対売買をしてポジションクローズする動きがある為、

通常、この時期は巻き戻しが起こる。

②ギリシャ問題によるユロ安

③政治家によるユロ高牽制発言

など、方向性が定まらず、また、一日に200pips以上動く日もあったりする為、

下手に手を出すとフルボッコされる可能性が高い。

少なくとも、①が落ち着く6月末までは、手出し無用な気がする。

PS.6/13 1:00現在

メルケル発言有効かと思ったら、案の定、上記1の影響で1.127回復してるし┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

やはり、ユロドルはヤクザ通貨決定です(テクニカル一切関係なし、全ては大人プレイヤーの事情)。

初心者は近づかないでドル円にしておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す