エントリーポイントの検証

スポンサーリンク

・USDJPY

1時間足。

抵抗線抜けてからの「買い」エントリーが正解。

スポンサーリンク

コメントを残す