MT4業者、かつ、VPS拠点による収益の違い

同一EAを使って、

MT4業者、かつ、VPS拠点による収益の違いをGBPUSDで計測してみた。

1、ALPARI(スプレッド2.6pips)、かつ、国内VPSの場合:収益合計2,469

2、OANDA(スプレッド1.3pips)、かつ、国内VPSの場合:収益合計3,669

3、OANDA(スプレッド1.3pips)、かつ、海外VPS(BeeksFXというOANDAサーバと同じデータセンター内に設置されているVPS)の場合:収益合計3,669

●考察

上記1、2より、GBPUSDを取引する場合、OANDAで取引した方がALPARIで取引するより収益が約1.5倍、違う様に見える。

上記2、3より、VPS拠点による収益の差はあまり出ない様に見える。

但し、約定するのに、

国内VPSからOANDAサーバまでの場合、平均150ms〜300msかかるのに対して、

BeeksFXからOANDAサーバまでの場合、平均5msしかかからないということなので、

流動性の低い時間帯や相場急変時等の例外的な場合は、

海外VPSから取引した方が安全と言えるかもしれない(保険をかけるという意味もある)。

売上げランキング
スポンサーリンク

フォローする