「一定時間間隔でEAを実行させたい」場合の実装方法

◎機能仕様
TICK単位でなく、一定時間間隔でEAを実行させる。

◎詳細仕様

//初期処理
int OnInit()
{
//1時間間隔のタイマー設定
EventSetTimer(3600);
return(0);
}

//廃棄処理
void OnDeinit(const int reason)
{
//タイマーの廃棄
EventKillTimer();
return;
}

// タイマー関数
void OnTimer()
{
//ここに、一定間隔で処理させたい内容を書く。
return;
}

◎備考

バックテストを実行する場合、OnTimer関数の時間間隔は反映されない模様。

よって、OnTimer関数で実装してしまうと、バックテストによる検証が難しくなってしまうことに注意。

売上げランキング
スポンサーリンク

フォローする